• 心のかよう医師・福祉を患者さま、お客さまへ
  • 心のかよう医師・福祉を患者さま、お客さまへ
  • 心のかよう医師・福祉を患者さま、お客さまへ
医師や看護師、臨床工学技士、診療放射線技師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士など全スタッフは、配属前の研修を通して、医療従事者としての心構え、接遇、基本技術を学び、総合的な能力を養います。育児支援など充実した制度で、新入社員をサポートします。ご応募をお待ちしております。

エリアから探す

東 京
マップ 23区 武蔵野市 三鷹市 国分寺市 日野市 八王子市 青梅市 福生市 狛江市 町田市
神奈川
マップ 横浜市 川崎市 鎌倉市 藤沢市 厚木市 海老名市 大和市 相模原市

施設検索

カテゴリで絞り込む

職種・部門から探す

雇用形態から探す

善仁会を選んだ理由

スタッフ01
充実した研修が、
善仁会グループに入社した決め手だった。

看護師(腎部門)・加賀谷

看護師として11年間、急性期病院で働いていました。透析患者さまもいましたが、シャント音の確認と飲水量確認の業務のみでした。透析治療についてより専門性を身に付けたいと思い、求人情報を探していたところ、目に留まったのが善仁会グループの求人です。研修がしっかりしているという点が決め手になりました。
善仁会グループに入社すると、すぐに透析の研修が始まります。実際にコンソールを使用し、穿刺手技も一から細かく学べます。さらに手技や知識の再確認ができるフォローアップ研修があり、同期と会えることもこの研修の楽しみでもあります。
善仁会に入社当初は透析未経験だったこともあって不安でしたが、患者さまに受け入れていただき、さらに教えていただくこともたくさんありました。現在は自分が学んだことを生かしながら、疾患はもちろん、患者さま一人ひとりに合わせた対応を心がけています。
患者さまは週3回透析治療のために来院されます。患者さまそれぞれがご自分の仕事や趣味に打ち込み、前向きに取り組んでいる姿勢を見るととても嬉しいですし、やりがいにもつながりますね。

スタッフ02
周りのサポートで今の私がいる。
今度は後輩の見本になれるよう成長していきたい。

臨床工学技士(腎部門)・星野

私が臨床工学技士という仕事を知ったのは、大学に入学してからです。透析治療について学んだことをきっかけに、臨床工学技士として患者さまの支えになりたいと思うようになりました。求人情報をいろいろ探すうち、善仁会グループの求人に興味を持ちました。善仁会グループは多くの施設を保有しているため、その分多くの患者さまに接することができると思ったのです。また、臨床工学技士の在籍数の多さや充実した研修も、医療職に不安を感じていた私にはとても魅力的でした。
善仁会グループのクリニックに入社当時は、透析に関して右も左も分かりませんでした。しかし、上長や先輩による研修や指導の数々、看護部や事務部の皆さまの支えもあり、透析機械の構造や操作、治療に関する知識を学べました。そして、今まで関わってきた患者さまのおかげでさまざまな経験を積むことができ、今の私があると思っています。こうした経験を生かし、後輩達にも多くの患者さまに思いやりを持って接していけるよう、指導し、支えたいと思います。知識・技術に長けた臨床工学技士を育て、私自身も成長する、それが今の私の目標です。

スタッフ03
お客さまが『何に関心を持ち』、『どう在りたいのか』を
考えながら接することを大事にしています。

看護師(健診部門)・細川

善仁会の総合健診センターヘルチェックに健診看護師として入社する以前は、総合病院の病棟で看護師として勤務をしていました。その際、慢性期から終末期にある患者さまの看護に携わることが多く、「家に帰りたい」「やっぱり家が一番いい」という言葉をよく耳にしていました。実際、私の亡くなった祖父母もできる限り自宅で過ごしたいという思いを、強く持っていたように感じます。
そのような経験から、どのようにしたらお客さまが少しでも長く自宅で過ごす時間が持てるようになるかを考え、疾病の早期発見・早期治療に興味・関心を持つようになり、善仁会の総合健診センターヘルチェックの求人へ応募しました。
現在は、善仁会の総合健診センターヘルチェックで健診看護師として問診や採血を行っています。限られた時間ではありますが、お客さまが『何に関心を持ち』、『どう在りたいと思っているのか』を考えながら接することを大事にしています。また、お客さま一人ひとりと向き合い、その方のご希望や状況に合わせた検査内容の提供ができるように努めることが、お客さまの満足につながると考えて日々の業務に携わっています。

スタッフ04
善仁会の魅力は、
知識向上やスキルアップのチャンスが多いこと。

臨床検査技師(健診部門)・近藤

私が善仁会グループの健診臨床検査技師の求人に応募した理由は、生理機能検査・超音波検査に興味があったこと、人と接することが好きだったからです。善仁会の総合健診センターヘルチェックはスキル向上のため超音波検査の研修を行っており、いろいろな部位の超音波検査を先輩健診臨床検査技師の方から教えていただけるのでスキルアップできます。
また月に一度、専門の先生をお招きして撮り方や所見の解説、見方などの講習を受けられるため、ほかの施設にはない知識向上のチャンスがあります。
私は今、腹部超音波検査を主に担当しています。まだまだ未熟ですが、先輩方に教えていただいたり、講習を受けたりすることで、自分の成長につながっていると実感しています。それが健診臨床検査技師としての自信にも繋がっています。
善仁会の強みは、プロ意識の徹底と、思いやりのある温かな接客だと思っています。実際に働いていてすばらしいと思いますし、その一員であることに誇りも感じています。このような環境で、数多くのお客さまの健康維持、病気リスクの早期発見に、自分が関われるということにやりがいを感じています。

スタッフ05
ブランクがあっても育児中でも、
それを受け止めてくれるサポートが嬉しい。

診療放射線技師(健診部門)・五十嵐

善仁会に入社して5年目を迎えます。以前も診療放射線技師の仕事をしていましたが、主人の仕事の都合もあり、結婚を機に退職しました。しかし、善仁会グループの健診診療放射線技師の求人を見つけたとき、ここで働いてみたいと思ったのです。ブランクもあり、小さな子供がいたため駄目もとで履歴書を送ったところ、面接を受けられることになりました。
面接では診療放射線担当の方、人事担当の方がとても真剣に私の話を聞いてくれました。そのときのことは今でもよく覚えています。ブランクがあっても診療放射線技師の研修があるため大丈夫なこと、また女性が多い職場のため、育児面のバックアップ体制もあるとのことでした。善仁会は求人情報で感じたイメージ通り、私にピッタリの職場でした。
配属された施設の診療放射線技師スタッフは若い方ばかりでしたが、丁寧に根気よく教えていただくなど、皆さんのサポートのおかげで無理なく仕事に就けました。
今では業務の幅が増え、責任ある仕事も任されるようになりました。日々忙しいですが、お客さまが満足して笑顔で検査を終えられる姿を見ると嬉しいですね。資格が活かせるこの仕事ができることに私自身もやりがいを感じています。

スタッフ06
ご利用者さまの笑顔や生きがいを
引き出せる介護士になるのが目標。

介護士・小佐野

介護士として訪問入浴3年、特別養護老人ホーム4年の経験があります。結婚して福生に転居したのを機に、通勤しやすく自分の経験も生かせる善仁会グループのユーアイビラの求人を見つけて応募。入社することとなりました。
入社を決めた理由はほかにもあります。以前の職場でご利用者さまがユーアイビラの話をよくしていたのです。ユーアイビラは日常生活への復帰を目指してリハビリを行います。ご利用者さまによっては在宅復帰できることも魅力でした。
入社当初は、ご利用者さまに挨拶することさえ緊張していました。今では「あなたがいると安心するから休まないでね」というお言葉をいただけるようになりました。頼りにされるようになったのだと思うと嬉しいですね。
とはいえ日々の業務は未熟な部分があり、大変な時もあります。しかし、利用者さまの笑顔を見ると「よし、頑張るか!」とやる気につながるのです。困った時は先輩介護士の方に相談できますし、勉強会や研修も充実しているため学びの環境は整っています。
私の目標は、ご利用者さまの笑顔や生きがいをたくさん引き出せる介護士になること。そのため、よりスキルを高めて経験を積んでいきたいと思っています。

仕事内容とスタッフ紹介

  • 看護師

    透析看護師は、慢性腎不全の患者さまに血液透析療法、腹膜透析療法を心のケアを含めて提供します。善仁会には腎部門以外にも健診センター、老人保健介護施設があり、看護師が幅広く活躍できる場があります。

  • 臨床工学技士

    臨床工学技士は、人工透析などの医療機器の専門家として善仁会になくてはならない存在です。医師や看護師とコミュニケーションを図りながら、患者さまに質の高い医療を提供します。

  • 医 師

    善仁会の腎部門は外来透析管理が主な業務です。ほかにも健診部門、老人医療・福祉部門があり、それぞれの専門スキルが存分に生かせます。定期的に研修と勉強会を実施しており、つねに最新の知識を習得できます。

教育研修プログラム

  • Check